山形の外壁・屋根塗装、防水・雨漏り修理は、ゆうき総業へ

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

雨漏り、すが漏れ、水漏れの違い

結城 伸太郎

建物の経年劣化や施工不良などが原因で、内部に水が浸入することがありますが、その侵入経路は様々です。

一番馴染みのある言葉は「雨漏り」かと思いますが、その他にも種類があるので、このページでは水が侵入する現象と違いについて紹介します。

水が建物内部へ侵入する現象は3種類ある

建物内部へ水が侵入する現象は、3種類あり「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」に分類されます。

建物内部に水が侵入すると真っ先に雨漏りを疑いますが、実は雨漏り以外に原因がある可能性も考えられるので、それぞれの特徴について知っておくことが大切です。

  雨漏り すが漏れ 水漏れ
起因 生活水
侵入経路 屋根・外壁・サッシ周りなど 屋根 排水管
原因 経年劣化・施工不良・破損など 凍結した雪解け水による水のせき止め 老朽化・施工不良など

雨漏りの特徴

雨漏りとは、外壁や屋根、サッシ周りなどの建物外部から内部に雨水が侵入することで、雨の日や雨が降った翌日に症状が現れます。

■雨漏りの原因

主な原因は経年劣化や施工不良で、経年劣化の場合は外壁や屋根のひび割れ、剥がれなどの破損した部分から雨水が浸入してしまいます。また、屋上やベランダの防水効果が失われて、雨漏りが発生することもあります。

施工不良の場合は、新築時やリフォーム時に適正な施工が行われず、防水性が発揮されなかったり、外壁や屋根に隙間ができてしまうことによって発生します。

すが漏れの特徴

すが漏れは屋根や軒天に積もった雪が原因で起きる現象で、雪の時期だけ症状が現れます。雪が降る地域ではつららを見かけることがありますが、つららも屋根の雪が溶けて凍結したものです。

対策としては屋根の雪下ろしをすることで改善されますが、軒先の劣化が進んでいる場合は業者に見てもらう必要があります。

■すが漏れの原因

すが漏れが発生する理由としては、溶けた雪が凍結して水をせき止めてしまい、その部分に行き場のなくなった水が溜まって、屋根材の隙間から建物内部に水が侵入してしまうのが原因です。主に茅負と呼ばれる部位が酷く劣化している場合が多いです。

水漏れの特徴

水漏れは生活水が建物内部に漏れることで、例えば以下のようなことがある場合は、水漏れしている可能性があります。

・水道を使用していないのに、メーターが回っている
・水道料金が高くなった
・雨が降っていないのに、水道管があると思われる場所が湿っている
・キッチン下の収納が湿っていたり、床が柔らかくなっている

■原因

水漏れの原因は、老朽化や施工不良によって排水管が不具合を起こし、水が漏れてしまうことが考えられます。

まとめ

建物内部に水が浸入する現象には「雨漏り」「すが漏れ」「水漏れ」の3種類あり、それぞれ発生する原因や箇所も異なります。

もし家でシミや濡れているところがある場合は、そのときの状況や場所を確認して、適切な対応をするようにしましょう。

最新情報最新情報

求人募集ページ 工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 日本塗装名人社 アンドパッド

ページトップへ戻る