山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

駐車場の基礎知識

多くの住宅にある駐車場ですが、工事の必要性や使いやすさなどを考える機会は少ないかと思います。

特に普段から車を運転している方は、車をストレスなく快適に出し入れできる駐車場を作るのことが大切です。

このページでは、新築や住宅リフォームに役立つ、駐車場の外構工事の基礎ついて紹介します。

駐車場工事の目的や必要性

現在では、車は一家に一台なんてことは当たり前になってきました。

車の重量は、約800kg~2,500kgとバラツキがありますが、重い事に変わりはありません。もし駐車スペースが砂や土だったらどうなるでしょうか?

ゴルフのバンカーでさえも、ボールを出すのが難しくなるほど沈みますが、駐車スペースも同様です。重量のある車はタイヤが10cm沈むだけで自力で出る事は不可能になり、さらに雨でぬかるんだら、それこそ出るのは困難です。

そのため、地盤をより固く丈夫にして、車の出し入れを快適にするのが駐車場工事です。

駐車場には主に「コンクリート」「アスファルト」「砂利」があり、中でもより快適なのはコンクリートです。他と比べてコストはかかりますが、出勤する度に行う駐車場の出し入れがしやすいとストレスは無くなりますよね。

新築で駐車場を作る際に決めること

駐車場の外構工事はどこに依頼するのか?

家を新築する場合、建築工事と外構工事はほとんどが別工事となります。それは建築申請が必要ないからです。

建築工事は期日までに完了検査を受けることが必要になりますが、外構工事は完了検査がないため、建築工事の全体工期に含まれません。

ハウスメーカーも外構工事の受付はしていますが、外構工事は施主様が別途専門店を探すことが多く、弊社も新築時の外構のお問い合わせも多く頂いています。

予算について

家のローンとは別になる外構工事ですが、当然多くのローンを抱えてせっかく新築したのに外構工事まで手が回らないなんて事もあるでしょう。ですので、外構工事にはさらに綿密な計画が必要となります。

工事に最低限必要と言える駐車場のコンクリートも決して安くはありません。インターネットで「外構工事」と検索するとオシャレな庭やエクステリアが多数出てくると思いますが、デザイン性が高ければ高いほど、敷地が大きければ大きいほど、統一性があればあるほどコストは高くなっていきます。

費用の例として、二台用のカーポートとその部分のコンクリートで60万~80万が相場になります。

事前調査について

工事前には、カーポートが設置できるかどうかの事前調査や、現地で測量し図面を書く事も大切です。

まずは施主様と全体のヒヤリングを行い、叩き台の図面を書いて、見積書と統合性があるかどうかしっかりと決めましょう。また、埋設配管の位置や掘削した土量の処分費、重機が入れるかどうかの見極めもとても重要です。

車の種類による確保するスペースの広さ

車の大きさでカーポートの大きさが変わる事もありますが、基本的に二台用で5m×5mになります。車の幅は外車の大きいもので2mほどですが、ドアを開ける空間も考慮してサイズを決めましょう。

カーポートはなるべく敷地ギリギリに設置するのが望ましいですが、屋根の部分も敷地から出してはいけません。柱の位置と屋根の位置を割り出し、屋根が敷地ギリギリで建つ事で無駄が無いと言えます。雨樋の位置は前後どちらも可能です。

カーポートを建てたらリビングのサッシから日差しが入らなくなった、何て事もあり得ますので、事前の打ち合わせはとても重要です。

駐車場のリフォーム工事を行う場合に決めること

予算について

駐車場の予算は主に面積に比例し、大きければ大きいほど高くなります。理由は3つあり、1つ目は使用するコンクリートの体積が多くなる、2つ目は掘削した土(残土)の処分費が増える、3つ目大きければ大きいほど人手がいるためです。

もちろん、デザイン性も価格に大きく関わります。「ただのコンクリートは冷たいイメージだからスタンプコンクリートにしよう」とか「タイル仕上げにしよう」など仕上がりにより価格が変わり、手間が掛かれば掛かるほど工事代金は高くなります。

工事中の車の置き場

工事中は車が停められない場合もあるので、車の仮置き場も必要となってきます。

工事期間は、カーポートと駐車場の土間コンクリートだけで1週間~10日ほどです。その間コンクリートの養生期間(乾燥時間)は時期にもよりますが4~7日必要です。

新たに駐車場を作る場合

新たに駐車場を作る場合は、その敷地内に駐車スペースが作れるかどうかの調査が必要です。

庭先をリフォームして駐車スペースを設ける場合、境界位置や地盤を確認し、植木も撤去していきます。時には塀を撤去するなど、新築時よりも高額になるケースがあり、相場から見ても1.5倍ほど掛かる可能性があります。

しかし、完成している庭を潰すのはそれなりの勇気も必要ですよね…

駐車場工事の工程

例:二台用カーポート+土間コンクリート打設の場合

1.現地確認、施主様とのヒヤリング
2.現地の寸法取り、境界位置確認、新築時の図面確認
3.完成図の作成、位置図の作成、仕様製品の見積もり、積算
4.見積書提出、プラン確認、ご契約
5.工事時期の案内、近隣挨拶、お客様のお車の移動など
6.重機搬入、墨出し作業・割り付け、床堀、地盤整地
7.カーポート設置
8.コンクリートなどの耐圧床の打設
9.養生期間(コンクリートの場合で4~7日)
10.型枠の解体、誘発目地入れ(予め目地を入れた場合必要なし)
11.お引渡し

おおまかには以上のような工程となります。
土間コンクリートの面積が大きい場合、二回に分けて打設する場合もあります。

まとめ

駐車スペースの工事は、一度行うと10年以上はそのままになるでしょう。まずは予算を作り綿密な計画の元、工事に臨むことが重要です。

特に、高低差を適当に墨出しすると、勾配が変わったり水捌けが悪かったり、時にはバンパーが擦ってしまう、何て事になりかねません。お車の状況と敷地状況をしっかりと確認し、完成イメージ図を作成してから工事しましょう。

完成したらそれは快適なスペースとなる事は間違いありません。エクステリア工事と違い、コンクリートは生ものです。ブロックにしても、乾燥してからやり直しは困難です。トラブルにならないためにもしっかりと計画を進めましょう!

求人募集ページ 工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 塗装店の案内所 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る