山形の外壁・屋根塗装、防水・雨漏り修理は、ゆうき総業へ

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

ビュートップ(機械固定工法):塩化ビニル樹脂系シート防水:耐久性★★★

特徴

塩ビシート防水の大きな特徴としては下地を選ばないという事です。屋上防水改修時は必ずと言っていいほど下地の調整費用がかかってきます。

それは塗ったり貼ったりする防水ではないので密着不良という不具合につながってしまうからです。塩ビシートの機械固定工法は直接床にディスクを打ち込み固定してしまうので剥げれることがありません。近年需要が急激に伸びている防水工法です。

デメリットとしてはディスクを打ち込む際にドリルで床に穴を空ける際に騒音が出てしまう事です。因みに…セキスイハイムの住宅の無落雪屋根はこの工法で施工されております。

耐久性

耐久性としては歩行用(バルコニー床など、人が歩く場所)の2mm厚のシートと非歩行用(屋上など人が歩かない場所)の1.5mm厚シートがあり、耐久性も良好です。塩ビシート自体に透湿性があり防水層特有の膨れ等の不具合も起きません。

塩ビシートを張ったままでも充分なのですが、遮熱トップコートを塗布することにより汚れ、変色の防止、さらなる耐久性向上を図れます。お勧めの工法です!!

  • 施工中
    施工中

    緩衝シート下張り!丸い円盤がディスクだよ。

  • 施工完了
    施工完了

    塩ビシート防水完了です!!

工法紹介

弊社では基本的に、平場(床)は機械固定工法ですが、立上がりだけは接着工法ですので下地処理も必要な場合があります。既存シートを撤去し接着工法を推奨しております。

住宅も、大きな施設屋上も現代では塩ビシート機械固定工法が選ばれています。

商品名 ビュートップU
荷姿 1.2m×10mで厚みが1.5mmと2mmの2種類のシート(巻物)
上塗り色 標準色10色
用途 屋上やバルコニーの防水
適用下地 コンクリート下地 木造下地 鉄骨下地 既存の防水層すべて
性質 ガラス繊維を心材とした塩化ビニル樹脂系シート
樹脂 塩化ビニル樹脂
機能 高耐久/遮熱塗料/工期短縮/防水性/
塗布量 トップコート塗布の場合:0.15㎏/㎡
乾燥時間(外気温25℃の場合) 上塗り完了後/8時間
設計価格 S-M2工法(機械固定工法) 9280円/㎡
S-F2工法(接着工法)   7880円/㎡
次回改修目安 10年~15年
JIS規格 ■JIS A6008 認証番号:TC0311002

■カタログダウンロード(PDFが開きます)
https://yuukisougyou.com/wp-content/themes/yuki/img/catalog/viewtop-catalog.pdf

■建築図書館展示
有り

最新情報最新情報

求人募集ページ 工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 日本塗装名人社 アンドパッド

ページトップへ戻る