山形の外壁・屋根塗装、防水・雨漏り修理は、ゆうき総業へ

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

デッキとテラス、バルコニーとベランダの違いを分かりやすく解説

結城 伸太郎

デッキとテラス、ベランダとバルコニーは、似たようなイメージですが、明確な違いがあります。

このページでは、それぞれの違いと特徴、ルーフバルコニーについて紹介しています。

デッキとテラスの違い

デッキの特徴

デッキは、屋外に設けられた空間を指します。空港や船の甲板もデッキと呼ばれますが、住宅では、一般的にウッドデッキやタイルデッキを指します。

室内の床を同じ高さで作られており、室内の延長といったイメージです。

テラスの特徴


テラスは、フランス語で盛り土という意味で、地面より少し高いスペースに石やタイル、木などを貼っって作られます、そのため、庭の一部といったイメージです。

ベランダとバルコニーの違い

ベランダの特徴

ベランダはポルトガル語で、建物からせり出しているスペースを指します。1階や2階といった階数は関係なく、屋根付きの柵で囲まれいて、人が歩けるようになっています。

バルコニーの特徴

バルコニーはイタリア語で、建物からせり出しているスペースを指します。ベランダと同じ意味ですが、2階以上で屋根がない特徴があり、ベランダよりも広いことが多いです。

ルーフバルコニーとは

ルーフバルコニーは、下の階の屋根が地面になっているバルコニーで、ルーフテラスとも呼ばれています。

ベランダやバルコニーと比べて、非常に広い場合が多く、庭のように使うことができます。

まとめ

・デッキは、ウッドデッキなど窓の外に設置してある甲板

・テラスは、庭にタイルなどが貼ってあるスペース

・ベランダは、建物からせり出したスペース

・バルコニーは、建物からせり出した屋根が無いスペース

・ルーフバルコニーは下の階の屋根の上にあるバルコニー

最新情報最新情報

求人募集ページ 工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 日本塗装名人社 アンドパッド

ページトップへ戻る