山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

モルタル外壁のクラック補修

モルタル外壁のクラック補修

モルタル外壁のクラック補修施工方法をご紹介いたします。 塗装工事の下地処理には欠かせない作業となります。

モルタル外壁のクラックのUカット補修について。

モルタル外壁のクラック(ひび割れ)はDIYでよくホームセンターで売っているコーキングをすり込んだりしますが、実際その補修方法は一時的なものです。

特にリシンと呼ばれる吹付仕上げ材で施工された外壁は表面の凹凸が粗く、コーキングをすり込んだだけではミクロな隙間は埋まりません。

むしろ隙間が狭ければ狭いほど、表面張力の力で水が入りやすくなります。

そしてその浸入速度も大きくなります。

ですのでクラックはなるべく早くプロの方に直してもらう事をお勧めします。

 

そのプロの補修方法をご紹介します。

 

↓まずはクラックをUカットしてわざと大きく広げます。

その際に周辺の旧塗膜面も削ります。

その後プライマーを塗布しシーリングを充填します。

こんな感じですべてのクラックにシーリングを充填します。

 

 

↓シーリング充填後、セメントで平滑に均します。

この時旧塗膜面とほぼ同じ高さまでセメントで埋めます。

 

セメントを埋めたらシーラーを塗布して旧塗膜と同じ模様で仕上げます。

写真は旧塗膜がリシンだったのでリシンを吹きつけています。

 

塗替えの場合は、ここまでが下地処理となり、この後は通常通りの塗装工事となります。

 

↓こちらは塗り替えの現場での写真なので、お客様にご提案したパターンで下塗りし上塗りまで行いました。

先ほどまでまるで手術跡のようだったのが、もはや補修後は見えません。

このようにクラックの補修はとても手間が掛かる下地処理です。

モルタル外壁の塗り替え時は必ずこの施工を行います。

そしてこの施工方法こそゆうき総業が研究し続け手に入れた工法です。

しっかりと手順を踏めば決して難しくはない施工方法です。

 

以上クラック補修の施工方法でした。

最新情報最新情報

求人募集ページ 工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 日本塗装名人社 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る