山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

建物のカラープランを考える基本

「配色はどうなさいますか?」あなたが住宅の塗り替えをご依頼の際、必ず聞かれるのがこの問題です。そして、最も時間をかけて考えることでしょう。

「業者に全て任せるよりも、自分の家は自分で配色したい。でも失敗したら、その家に何年も住む訳だし…」そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、カラーコーディネーターとしての経験をもとに、一つの基準となる「配色のコツ」を記してみたいと思います。

配色の基本は、“統一”(=共通性の調和)と“変化”(=対比の調和)のバランスです。これが美しさを決める最大の「カギ」となります。

種類の違った物が共存し、しかも統一性が感じられる状態はバランスが良いと言えるでしょう。また、まとまりのある中に、適度に種類の異なる物が見られる状態もバランスが良いと言えます。

統一要素が多い配色は、まとまった感じが強く、落ち着いた雰囲気になりますし、変化の要素が多い配色は、際立ちやメリハリが強く出ます。

これは建築物のみならず、全ての配色における「共通項」です。配色を構成する要素は、次の3つに分類されます。

基調色(約70%)

ベースカラー(全体の土台となる色)です。最も大きな面積を占め、配色の顔になります。
全体のイメージを左右する為、比較的に個性が弱い色を選ぶ事が重要です。
例)外壁を「茶色」に

副調色(約25%)

サブカラーと言い、ベースカラーとアクセントカラーの間をとりもち、全体を安定させる役割を果たします。
落ち着きのある色を用いる事が多い。
例)屋根を「緑」に

強調色(約5%)

アクセントカラーとして全体に変化を与える色で、個性的な印象を引き出してくれます。
全体を引き締めてくれるという効果があります。
例)サッシ、破風板を「白」に

※表の中で記した( )内の割合は、あくまでも一つの基準であり、最近は御自宅を目立たせる為、あえてその割合を崩したケースも多く見られます。勿論それも、好みによって効果的です。

いかがでしたでしょうか?

これを参考に、業者さんともよく相談して、是非、お気に入りの住宅を手に入れて下さい!!

お問い合わせ
工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 塗装店の案内所 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る