山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

子供がいるのですが、臭いや汚染はありますか?

塗料にもよりますが、臭いは有るか無いかで言ったらあります。ただし水性か溶剤性かで臭いが違います。ここでは、塗料の臭いについて回答します。

塗料にもよりますが、臭いは有るか無いかで言ったらあります。ただし水性か溶剤性かで臭いが違います。もちろん溶剤性、つまりシンナーで薄める油性タイプの方が臭いです。水性は、塗料種類にもよりますが、殆ど嫌な臭いはしません。

溶剤性は臭いはあるものの、環境問題の考えから低臭タイプが増えてきました。もちろん、人体に影響を及ぼすホルムアルデヒドやクロム等が取り除かれた上、弱溶剤という名の通り溶剤分が少なくなり環境にも配慮されています。

外壁を塗り替える場合は少なからず匂いがある為、どうしても気になるならばほぼ無臭の水性塗料を使うか最悪塗装を控えるしかありません。ですが、無害・無臭・環境対応型の塗料はたくさんあるので安心だと思います。

外壁を塗る場合は窓や開口部等を養生といってビニールで覆います。ですので換気が不十分になりやすく、臭いがこもる可能性もあります。塗装前に納得のいく打ち合わせをしてから塗り替え工事に望みたいですね。

ちなみに耐久性を考えると、水性より溶剤性の方が優れています。ですが最近は水性塗料も溶剤性に匹敵する耐候性を持ってきました。環境にも対応し、耐候性も十分、臭いも無い、そんな塗料が早く出来ると良いですね。

お問い合わせ
工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 塗装店の案内所 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る