山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

塗料グレードによる耐久性と各社の代表塗料名

ここでは、塗料の耐久性や値段を決める重要な要素の樹脂(アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素)について説明しています。

1.はじめに

塗料は、大きく分けると次の4つに分類されます。

樹脂名 特徴 塗布後耐久年数
アクリル 一般に使われる、最も安価な塗料 5~6年程度
ウレタン 比較的良質な塗料。価格、性能共に中位。 7~8年程度
シリコン 高級塗料。耐久性とコスト・パフォーマンスを考慮して、最もお薦め。(最近では主流です) 10~12年程度
フッ素 最高級塗料。最も耐久性に優れるが、高額な為一般住宅塗装には不向き。 15~18年程度

※表の「塗布後耐久年数」は、適切な下地処理を施した上での数字であり、環境にも左右されます。上記はあくまで外壁塗料を塗った場合のケースであり、かつ次回塗り替えのおおまかな目安です。塗らなければ手遅れという訳ではありません。

この他にも、

■フタル酸樹脂塗料
主に木工用の高級塗料。汎用型で、木部、鉄部等に使用。

■合成樹脂塗料
汎用型で使い勝手が良い。ホームセンターでもよく見られる。

■エキポシ樹脂塗料
接着剤の原料にもなる強力な樹脂。錆止め塗料としても使われ、防錆効果と密着性は◎。

等、様々ありますが、それ以上に着目して頂きたいのが次の点です。

塗料には、同じ樹脂でも「水溶性」と「溶剤性」があります。 また、「溶剤性」の中には、「1液型」と「2液型」が存在します。

■1液型
そのままシンナーで薄めて使用するタイプ。

■2液型
主剤と硬化剤に分けられ、仕様書通りの配合で混ぜた後、シンナーで薄めて 使用するタイプです。2液型の方が手間がかかりますが、塗膜は強靭だと私は思います。

更に「1液型」「2液型」のそれぞれは、「弱溶剤」と「強溶剤」に分類されます。

「弱溶剤」は、比較的に臭いが少なく、塗料用シンナー(石油に近い)で薄める事が出来る、 水溶性に次いで環境に優しい塗料です。

「強溶剤」は、臭いが強く、トルエンやキシレンが多く含まれています。ラッカーシンナーや エポキシシンナー等の臭いが強いシンナーで薄める必要があり、環境に良いとは言えない 為、近年では余り使われない様になっています。

塗装工事では、この様に分類される塗料を場所や環境によって使い分ける必要がある訳です。

最近では塗料の技術が発達し、水溶性塗料も溶剤性に負けない塗膜を得られる様になりました。 溶剤性塗料は、環境問題やシックハウス問題にも適応し、気軽に外壁にも塗れる様になりました。

また、機能性塗料も増え、“防カビ”、“防藻”、“抗菌”、“低臭”、“断熱・遮熱”の他に、 マイナス・イオン発生、光触媒等の様々な特殊機能を持つ塗料が、幅広い分野で採用され、 活躍しています

他にも「意匠性塗材」と言い、専用ローラー、ガン、刷毛、こてを用いて自由自在に模様を描き、個性的 で芸術的な外壁等を作る事も可能になりました。 (これらの原料には、珪藻土や蟹、海老、貝の殻等自然の物が使用されていることが多い)

今まさに、「塗料」は従来持っていた役割の域を超え、「新たな意義」を持とうとしています。 これらの情報に気を配る事は、お客様自身の「こうしたい!!」というアイディアを広げる事となり、 塗り替えに「楽しみ」と「価値」を有する事につながると思います。

塗料店、施工店は、共に協力し合い、これからもお客様に喜んで頂ける技術をどんどん提供して いきたいと願っておりますので、どうぞ興味を持って、見守って頂きたいと思います。

2.塗料(商品)の種類

塗料にもメーカー別に何千種類と存在します。メーカー別に力を入れている塗料があり、それによって耐久性や機能性も変わってきます。

全てを表記するのは、無理に等しいので建築用一例を挙げてみたいと思います。

外壁用

メーカー アクリル ウレタン シリコン フッ素 微弾性フィラー
関西ペイント アレスセラアクリル セラMレタン セラMシリコン アレスセラフッソ アレスホルダーZ
エスケー化研 水性コンポアクリル クリーンマイルドウレタン クリーンマイルドシリコン セラタイトF 水性ソフトサーフSG
恒和化学工業 ビフレッシュアクリル ナチュラルウレタン ナチュラルシリコン ビフレッシュフッソ アクレスフィラー
水谷塗料 マイルドU パワーシリコンマイルドⅡ パワーフロン#2200 リフレッシュフィラー
菊水化学工業 ビュートップアクリル ビュートップウレタン ビュートップシリコン ビュートップフッソ 水系バリアエポ
大日本塗料 アクリトップ ウレタンマイルド Vシリコンマイルド ビューフッソ DNT弾性フィラー
トウペ ニューウレタン優 ニューシリコン ニューフッソ21DC トアアクレス21フィラー
スズカファイン ラフトンアクリエナメル ワイドウレタン ワイドシリコン ラフトンワイドフッソ リメークプラ
日本ペイント ファインウレタンU100 ファインシリコンフレッシュ デュフロン4Fルーフ 弾性エクセル
ロックペイント エバーロックウレタン ユメロック サンフロン エラスティックフィラー

屋根用

塗料メーカー アクリル ウレタン シリコン フッ素 微弾性フィラー
関西ペイント ACルーフペイント スーパーウレタンルーフ スーパーシリコンルーフ アレスフロン ザウルスEX
エスケー化研 ルーフスター フッソロンエナメル エポサビマイルド
恒和化学工業 ナチュラルウレタンルーフ ナチュラルシリコンルーフ ヒスイエポサビ#100
水谷塗料 ルーフマイルドU アルティモ パワーフロン#2200 エポックマイルド
大日本塗料 アクリルルーベン ウレタンルーベン Vシリコン Vフロン2000 エポオール
トウペ トタンコートアクリル トタンコートウレタン トタンコートシリコン エピライトマイルド
スズカファイン アクリルエポーレ ワイドルーフ ラフトンワイドフッソ エポマイルド
日本ペイント ACトタンペイント ファインルーフⅡ シリコンルーフ デュフロン4Fルーフ ハイポンルーフデクロ
ロックペイント トタンペイント#2000 ユメロック トタンペイント#5000 サンフロン サビカット

※コロニアル、カラーベスト屋根は別塗料になります。

上記は一例にすぎず、メーカー、塗料共にまだ多数存在します。塗装をするにあたっては、この数ある塗料の中から、部位ごとに一つを選び出す必要があります。

各メーカー、各塗料により素材や耐久性に、多少の差異があります。各施工店の塗料店との業務提携により、お客様のコストを削減出来る塗料が限定される傾向がありますので、
使用する塗料が統一されてしまう事もあります。

しかし、各メーカーが力を入れ新しい塗料を開発している以上、どの塗料が良いのかを試して知る努力は職人にとって、必要不可欠な事ではないでしょうか?

お問い合わせ
工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 塗装店の案内所 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る