山形の塗り替えリフォームはゆうき総業にお任せください

0120-114-492
【受付時間】9:00~19:00(日・祝日除く)
メールなら24時間365日対応

塗料の裏話

シリコンと言っても各社メーカーそれぞれが販売している為、業界の人間ですらどこのメーカーが一番良いかなんてわかりません。ここでは、塗料に関する裏話を掲載しています。

塗料の裏話

シリコンと言っても各社メーカーそれぞれが販売している為、業界の人間ですらどこのメーカーが一番良いかなんてわかりません。カタログだけを鵜呑みにしているととんでもない結果になる事もあります。

当店は一般の戸建てのみではなく大規模改修などにも携わっていますが、過去にこんな事がありました。

設計屋さんが低汚染塗料(汚れづらい塗料)の設計を組み塗装した所、わずか3ヶ月で雨筋だらけ…。と言う結果になりました。大きな壁だけに大変目立っていました。

いくら耐久性の良いシリコンを使ったとしても3ヶ月で汚れる位なら良い塗料とは言えないんではないでしょうか?

ここで使用した塗料は低汚染であり、2液型のシリコンであり、弾性タイプのもの。標準通り3回塗りです。

他にもトタン屋根にシリコン塗料を塗装したところ、1年で剥がれることもありました。

メーカーが言う耐候年数はサンシャインウェザーメーター試験というもので、被塗膜に人工紫外線の様な物を照射し続け約何時間光沢保持を得られるか?と言う促進試験を行い結果を出しています。

しかし、この試験は雨も降らなければ雪も降りません、車の排気も汚れも付着しないので長持ちして当たり前だろう、と個人的には思っています。

先ほどの1年で剥がれた仕様は高圧洗浄~ケレン(目粗し)~エポキシ錆止め下塗り~シリコン塗装によるものでした。下塗りである錆止めはしっかり密着していましたが、上塗りが所々剥がれているのです。

点検に伺った時ははっきり言って施主様に合わせる顔がありませんでした…。勿論このあと無償で塗り直しましたが…。

なぜこうもメーカー別で差が出るのか?それは工場生産時点で決まるからです。

シリコン樹脂というのは市場では1キロ5,000円ほどすると言われています。安いシリコン塗料は1缶12,000円程度。安く仕入れればもっと安い販売店もあるでしょう。

市場で販売されるシリコン樹脂塗料はアクリル樹脂をベースとしたところが多く、それに何%シリコンを配合するかで価格も決まってくると思います。たった1g入れてもアクリルシリコン樹脂塗料の完成です。

1缶当たり16kg/net平均と考えても単純に半分の8キロのシリコンを配合すれば5,000円x8キロで4万円。それにアクリル8キロを含めても約45,000円といった所でしょうか?しかし、こんな高いシリコンはありません。

高くてもせいぜい2万後半位です。メーカーによる企業努力もあるので、2万後半と言っても安く仕上がってるのかも知れません。

同じシリコンなのに価格が倍以上違うとなると、安い塗料を使った方が施工単価も安く仕上がります。シリコンばかりではありません。ウレタンにしてもフッソにしてもメーカーで大きな差があります。

相見積もりは大事なことですが、施工単価が安い業者ばかりを選んでしまってはいけないのです。

それと塗料には“OEM”と呼ばれるものがあり、それは塗装店の独自ネームで塗料を販売している商品を言います。「当社は独自開発のオリジナル商品で塗りますよ。しっかり持ちますよ。」こんな営業ありませんでしょうか?

この場合の多くはラベルだけをオリジナルとし、中身は某メーカーの商品です。もちろん塗料自体の値段も高くつけている為、塗料でも利益を出している事でしょう。と言っても全てを否定しているわけではないので、営業の一環として真面目に取り入れている業者もいるでしょう。

何が一番正しいのか分からなくなってきますが、まず注意すべきは実績のある塗料が良いと言う事。たかがアクリルでもシリコン並みの耐久力を持った塗料だってあるのですから。あとは安すぎないシリコン塗料を選ぶこと。

メーカーだって商売ですから他社と同じく安く売りたいわけで、そうできない理由がコスト面にあるのでしょう。そうしたコストの掛かった塗料は本当に良い結果を出してくれます。

ちなみ当店では塗料の比較試験や実際に使ってみての感想などを社内で話し、自信を持ってお勧め出来る塗料を日々研究しております。

お問い合わせ
工事ブログ 職人ブログ 社長ブログ
DPC ディックプルーフィング株式会社 全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合 塗魂ペインターズ 雨漏りのスーパードクター雨漏り119|調査・診断・修理 塗装店の案内所 株式会社日進産業の断熱セラミック「GAINA(ガイナ)」

ページトップへ戻る